無料アプリのダウンロード方法からビジネス活用・業務効率化テク一挙紹介

個人用はもちろん、最近は法人携帯もスマートフォンというケースが増えています

【スマホアプリ】と聞くとどのようなイメージでしょうか?
【ゲーム】や【SNS】という方も多いのではないでしょうか?

個人用はもちろん、最近は会社から付与される、いわゆる法人携帯もスマートフォンというケースが増えています。

スマートフォン活用の幅は、アプリによって大きく広がります。

試しに、「アプリ ビジネス」「アプリ 仕事効率化」といったキーワードで検索をしてみてください。
さまざまなビジネスシーンで使えるアプリがビックリするほど表示されるはずです。

本サイトでは特に利用頻度の高い以下のジャンルで人気のアプリをご紹介しています。

  • 英会話・英語
  • カレンダー
  • タスク管理
  • 名刺管理アプリ

検索結果を眺めていると、上記のジャンル以外でも
「こんなアプリが欲しかった」
「なるほどアプリを使えばもっと簡単にできるかも」

といった新しい発見があるかもしれません。

スマホやタブレットでこうしたアプリを利用する最大のメリットは閲覧や使用する場所を選ばないことです。
業種や働き方によりますが、外出先や出張先などでデータや資料を使う機会が多い方は要チェックです。

また、ほとんどのアプリがPCとスマートフォンの双方向から編集を行えるので、情報の更新がしやすいというメリットもあります。

筆者が思わずダウンロードしたくなったアプリ「1冊10分で読めるビジネス書の要約アプリ flier」

ちなみに、筆者が最近グッときたアプリは「1冊10分で読めるビジネス書の要約アプリ flier」です(写真・左)。

あ…楽をしようとし過ぎでしょうか(汗)。

アプリのダウンロード方法(iPhone・iPad篇)

アプリは使用されているスマホのOSがiOS(iPhoneやiPadなど)か、Android(アンドロイド)かによってダウンロード→インストールの方法が違います。

ここでご紹介するのは、スマホのOSがiOSの場合、つまり、iiPhoneやiPadユーザー向けの方法になります。

iOSの場合はApple IDとユーザーが決めたパスワードが必要ですので、事前に設定しておく必要があります。
Apple IDについては、お支払い方法を指定せずに Apple ID を作成または使用する – Apple サポートをご確認ください。

①ホーム画面で「App Store」をタップします。

OSがiOSの場合のアプリダウンロード手順(01-003)

②一番下にある「検索」を選びます。iPadの場合は画面右上にあります。

OSがiOSの場合のアプリダウンロード手順(01-004)

「検索」の2つ隣にある「カテゴリ」からジャンルを選ぶことも可能です。

カテゴリーは以下のように分かれています。
・ゲーム
・教育
・子ども向け
・写真/ビデオ
・エンターテインメント
・仕事効率化
・ショッピング
・ライフスタイル
・ソーシャルネットワーキング
・ヘルスケア/フィットネス
・旅行
・ニュース
・天気
・ナビゲーション
・ビジネス
・ファイナンス
・フード/ドリンク
・ミュージック
・スポーツ
・ブック
・辞書/辞典/その他
・メディカル
・雑誌・新聞
・カタログ

③検索入力欄に、探しているアプリの名前(一部でも可能)を入力して「検索」をタップします。

OSがiOSの場合のアプリダウンロード手順(01-005)

アプリの名前が分からない場合は、「電卓」「仕事効率化」といったキーワードを入力してもOKです。

④お目当てのアプリを見つけたら、右上にある「入手」をタップします。

OSがiOSの場合のアプリダウンロード手順(01-006)

タップすると「インストール」に表示が変わりますので、続けてタップしてください。

OSがiOSの場合のアプリダウンロード手順(01-007)

⑤写真のような表示がされますので、「既存のApple IDを使用」を選んで入力、「OK」をタップします。

OSがiOSの場合のアプリダウンロード手順(01-008)

OSがiOSの場合のアプリダウンロード手順(01-009)

⑥「インストール」だった場所が「開く」に変わるので、タップすればアプリが使えます。

OSがiOSの場合のアプリダウンロード手順(01-010)

YouTubeに以下のような動画がありましたので貼っておきます。
ユーチューブって便利ですね…。

アプリのダウンロード方法(Android篇)

Android(アンドロイド)スマートフォンの場合、アプリは以下のような手順でダウンロード→インストールを行います。

アプリのダウンロードにはGoogleアカウントが必要です。
まずは新規でGoogleアカウントを取得する方法をご紹介します。

①ホーム画面から「設定」を選択し、「アカウントと同期」をタップします。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-011)

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-012)

②「アカウントを追加」を選択し、「Google」をタップします。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-013)

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-014)

③「新しいアカウント」を選択すると入力画面が表示されます。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-015)

④「姓」「名」を入力し、「次へ」をタップ。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-015)

⑤Googleが提供するサービスであるGmailのアドレスを作成します。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-017)

⑥8文字以上の英数字で作ったパスワードを入力します。

ちなみに、パスワードを自動生成してくれるサイトもあります。
「パスワード 自動生成」で検索してみてください!

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-018)

⑦「予備のメールアドレス」「セキュリティ保護用の質問」「回答」を入力して、「次へ」を選択します。

「予備のメールアドレス」は今回登録したメールアドレスやパスワードが分からなくなった時のために設定するものです。空白のままでも操作を進めることはできます。
また、「セキュリティ保護用の質問」「回答」はくれぐれも後から答えられるものを選ぶようにしてください。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-019)

⑧Googleが提供しているSNSサービス「Google+」に参加するかどうかを選びます。

もし「参加する」を選んだ場合は、「Google+」の内容を設定した後に次へ進みます。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-020)

⑨「利用規約」「Googleのプライバシーポリシー」などを確認し、「同意する」を選択します。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-021)

歪んだ英数字が表示されるので、表示されている文字を入力して「次へ」をタップします。

この歪んだ文字は「CAPTCHA(キャプチャ)」と呼ばれており、入力フォームなどでロボットによる自動入力を防止するために開発されました。
自動でGoogleアカウントを量産するような輩がいるのでしょうね~。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-022)

⑩「Googleプレイ」の支払いにクレジットカードを使用するなら、クレジットカード情報などを入力する必要があります。

登録しない場合は「スキップ」を選択します。
最後に「次へ」をタップして終了です。

「メールアドレス」と「パスワード」は忘れないようにしましょう!

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-023)

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-024)


Googleアカウント登録の次は、アプリのダウンロード→インストール方法です!

①ホーム画面で「Playストア」をタップします。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-031)

②上部の虫眼鏡マークをタップし、探しているアプリの名前(一部でも可能)を入力して検索します。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-032)

③お目当てのアプリが見つかったら、右上の「インストール」をタップします。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-034)

④写真のような画面が出たら「同意する」をタップします。

OSがAndroid(アンドロイド)の場合のアプリダウンロード手順(01-035)

まとめ

ダウンロードするアプリを探す際に利用した「App Store」と「Playストア」には、おすすめや新着、人気のアプリなどが紹介されています。

また、アプリのランキングサイトやツイッターなどでにもアプリ情報が溢れています。

業種やビジネスの現場などをピンポイントで狙った二ッチアプリ(笑)も多数ありますので、ぜひ素晴らしきスマホアプリの世界をご堪能ください。

関連記事

ページ上部へ戻る